2013年11月01日

暮らしのサポーター養成セミナー・スキルアップ編開催 受講生募集!

生き活き興起雇用創出大作戦! 〜地域福祉・介護〜

暮らしのサポータースキルアップセミナー 受講生募集!


 当協議会では、住民同士が支え合い、有償による生活支援サービスを行う拠点として、昨年の久住地区に開所した「りんどう」に続き直入地区に暮らしのサポートセンター「ゆのはな」が設立されました。
そこで暮らしのサポーター(支援する方)を養成することを目的にセミナーを開催いたします。

このセミナーは地域求職者向けのセミナーです。
現在求職中の方、在職中で転職をお考えの方など、竹田市にお住いの方で、働く意欲のある方の参加をお待ちしています。


★受講期間:H25.11.17〜12.22まで

詳しいカリキュラムはコチラ⇒スキルアップセミナーチラシ.pdf

専門講師による介護の基礎、介護体験談、福祉器具の使い方や消防士による救急法の習得など・・
全17回開催いたします。
多くの市民の皆様のご参加をお待ちしていますexclamation


※セミナー期間中は随時募集を行っています。
 途中参加、または興味のある講座だけの受講でもOKです!

セミナーの内容、地域福祉・介護分野に対するお問い合わせは
活性化推進室:地域福祉・介護担当 古澤まで
пF0974-62-2122 fax:0974-62-3953
posted by 福祉担当者 at 10:16| Comment(0) | セミナー

2013年10月01日

市民向け公開セミナー開催のお知らせ

生き活き興起雇用創出大作戦〜あなたが開ける チャンスの扉!〜

市民向け 公開セミナー開催!

〜住み慣れた地域で暮らし続ける為に、いま何が必要か!?〜


 当協議会では、雇用創出をめざし、『健康づくり、地域福祉・介護、環境・エネルギー」分野において、当たらな仕組みと人材育成によるセミナー随時開催しています。
昨年、多くの反響をいただきました地域福祉・介護分野の『市民向け公開セミナー』を開催いたします。 
 昨年9月、久住地域に住民が気軽に立ち寄れる「寄り合い場」と「生活支援サービス」の拠点として、暮らしのサポートセンター・久住「りんどう」が本格オープンしました。
この施設は、住民自らが支え合い、生活支援等を有償で行うことを目的に、セミナーで学んだ市民と喜一の方が中心になって活動する拠点となりました。
今年度、この取り組みを直入地区で展開するために、まず地域住民の生活状態やニーズを捉えるため、直入地域の65歳以上すべての住民に対し生活課題実態調査を行い、課題や支援のあり方を議論してきたところです。
いよいよこれまでセミナーで学んできた市民を中心として暮らしサポートセンター・直入がたちあがろうとしています。
その名も「ゆのはな」
っくり、んびり、はなしましょう〜を合言葉に、住み慣れた地域で暮らし続けるために住民同士の支え合いの仕組みづくりや関係機関の支援の在り方などを議論したいと考えております。


働く意欲のある方の参加をお待ちしています。


●と き:平成25年10月31日(木)
14:00~15:55
●ところ:直入公民館
●講 師:住民型有償サービスクループ「どんぐりサービス」代表:吉田日出子氏
     〜地域で共に生きること〜

14:00〜 開会
14:10〜 基調講演「地域で共に生きること」
14:50〜 生活課題事態調査報告
15:05〜 円卓会議〜100人討論〜
15:55  閉会


詳しくはコチラ⇒公開セミナーチラシ

公開セミナー、地域福祉・介護に関するお問い合わせは
電話1(プッシュホン)0974-62-2122 担当:古澤まで







posted by 福祉担当者 at 17:08| Comment(0) | セミナー

2013年06月19日

福祉・企業化支援セミナー実施 受講生募集

生き活き興起雇用創出大作戦! 〜地域福祉・介護分野 企業化〜

H25企業化支援セミナー開催 受講生募集

 このセミナーでは、雇用拡大を目的とした企業・団体向けのセミナーです。
内容はNPO法人や企業組合などを対象に起業や事業拡大に必要なノウハウを研修します。
また、6次産業地域社会企業化育成、新しい公共、コミュニティビジネスなどの新しい手法、ノウハウの研修を実施します。

H25年度は7/11(木)、9/10(火)
☆地域コミュニティにおける安全対策と実践
☆竹田市ならではの移送のあり方
全2回です。


詳しくはコチラ⇒企業化・福祉.pdf

多くの市民の皆様のご参加をお待ちしています。

セミナーに関するお問い合わせ・お申し込みは
活性化推進室 地域福祉担当:古澤まで
電話1(プッシュホン)0974-62-2122
posted by 福祉担当者 at 16:07| Comment(0) | セミナー